臨床心理士とは?その職務は「心理査定に基づく心理学的な社会適応の支援」である!

臨床心理士は、医療・教育・福祉など、どの領域にも通用する(対象者を限定しない)汎用性の資格」ってどういうこと?

これは、「臨床心理士」について頭の中を整理するための覚書ノートです。(情報の追加など随時更新されます。)

臨床心理士とは?

臨床心理士とは、クライエントの固有の価値観を尊重し、その人独自の自己実現を支援する専門家である。

また、その職域について規定はなく、医療・教育・福祉など、どの領域にも通用する職域を限定しない汎用性の資格であり、高度な専門性が求められている。

臨床心理士は、査定を通じてクライエントの生活やパーソナリティを理解し、その苦しみを受容・共感し、その人にとって望ましい形での自己実現を支援する。

臨床心理士に求められる固有の専門業務は4つ!

日本臨床心理士資格認定協会は、臨床心理士の役割として下記の4つをあげている。

【臨床心理士の4大業務(臨床心理学の4領域)】

  1. 臨床心理査定
  2. 臨床心理面接
  3. 臨床心理学的地域援助
  4. 調査研究活動

これらすべての専門業務を高度な専門性をもって実施しうる人物が臨床心理士として認定される。

「精神科医」や「精神保健福祉士」と「臨床心理士」の違いは?

【精神科医】

病気の治療に主眼を置き、精神疾患・障害の診断に基づいて病気の治療を行う

↓↓↓

患者を医学的に診断し、医療技術を用いて病気を治すこと」が仕事

【精神保険福祉士】

行政的支援の枠組みにおけるソーシャルワークが中心で、福祉行政の枠組みの中で精神障碍者の生活支援を行う

↓↓↓

精神障害者を対象とし、社会適応のためのアドバイス・サポートを行うこと」が仕事

【臨床心理士】

心理学的知見に基づいて社会適応の支援を行う

↓↓↓

クライエントを専門的に査定し、クライエント個人の社会適応を心理学的に援助すること」が仕事

 このように、臨床心理士は、精神科医や精神保健福祉士と「問題意識」も「支援方法」も異なる。

「精神科医」と「臨床心理士」との違いは?

精神科医は病気を治すことができるが、その後の社会適応はその職域ではない。

それに対し、臨床心理士は、病気を治すことはできないが、病気であろうがあるまいが、その人の社会適応を心理学的な技術を用いて支援することができる。

このように、精神科医と臨床心理士は、根本的に職域が異なる。

「精神保健福祉士」と「臨床心理士」との違いは?

精神保健福祉士業務の基本的な対象者が「精神障害者」であるのに対して、臨床心理士は対象者を限定しない。

また、精神保険福祉士は、臨床心理士のような心理療法やカウンセリングは通常行わないのに対して、臨床心理士の専門業務は心理的支援である。

臨床心理士専門業務「臨床心理的地域援助」の重要性とは?

臨床心理士の業務である「査定に基づく心理学的な社会適応の支援」をより効果的に実践するために必要なのが、臨床心理士専門業務の3番目に位置づけられる「臨床心理的地域援助」である。

【臨床心理的地域援助とは?】

地域社会(学校・職場・家庭など)に働きかけて、心理的問題の予防や安全を図るための活動・実践のこと

地域社会に効果的に働きかけ、教師や職場の上司、家庭の親などが、心理的問題に適切に対処することができれば、心理的問題の予防地域社会での対処が可能となる。

このように、臨床心理士には、他職種との連携を通じ、個人の社会適応・社会復帰をみんなでサポートすることにより個人の支援を目指すことが求められている

そしてこのような活動を通して、クライエントの生活の再適応に携われることが臨床心理士の社会的存在意義である。

—-

以上、この記事を私と同じように臨床心理士指定大学院を目指していらっしゃる方と共有できましたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です