心理査定における基本的な着眼点である「生物心理社会モデル」とは?

今回は、「臨床心理査定または見立てにおいて基本的な着眼点である生物心理社会モデル」について自分の言葉で説明できるようにまとめていきたいと思います。

生物心理社会モデルとは?

「生物心理社会モデル」とは、臨床心理査定や見立てを行うにあたり、クライエントの不適応を「生物学的要因」「心理学的要因」「社会学的要因」という3要素の相互作用として現れた結果と捉え理解する視点である!

「生物心理社会モデル」という視点はどうして必要で重要なの?

「生物心理社会モデル」は、クライエントの不適応の問題を、「生物学的側面」「心理学的側面」「社会学的側面」という3つの側面から評価することができる点において重要である。

また、「生物心理社会モデル」に基づき、クライエントの不適応をこれら3つの要素の相互作用として現れた結果として捉えることで、不適応の原因を多角的に捉に探り、治療仮説や治療計画を構築することができる。

「生物学的要因」「心理学的要因」「社会学的要因」とは?

  具体的な要因 メリット
生物学的要因
  • 身体的特徴や障害・疾病の有無
  • 既往歴
  • 遺伝的要素
 生物医学的アプローチや特別支援教育による援助を求められるようになるため医療や教育との連携が可能となる
心理学的要因
  • パーソナリティや認知傾向
  • 知能
  • トラウマ
 カウンセリングや心理療法などの心理学的アプローチを求められるようになるため臨床心理士による支援が可能となる
社会学的要因
  • 職業や社会的階層
  • 対人関係
  • 社会的サポートの有無
 社会的支援や行政的支援が求められるようになるため(臨床心理士地域援助の観点から)福祉行政などと連携が可能となる

臨床心理士はこれらすべての要因に対し、適切な支援を提供できるよう図らなければならない!

「生物心理社会モデル」を3つの着眼点を上げながらその重要性を論述してみた結果

【「生物心理社会モデル」を3つの着眼点を上げながらその重要性を論述してみる!】

(それぞれの視点がどうして重要なのかを記載すること!)

(生物心理社会モデルとは?)

生物心理社会モデルとは、臨床心理査定や見立てを行うにあたり、クライエントの不適応を「生物学的要因」「心理学的要因」「社会学的要因」の3要素の相互作用として現れた結果として捉える視点である。

(生物学的要因とは?)

「生物学的要因」とは、個人の身体的特徴や疾病・障害の有無、既往歴、遺伝的要素などである。

臨床心理士は、「生物学的要因」を把握することで、必要に応じて医療や特別支援教育などと連携を模索することができる。

(心理学的要因とは?)

「心理学的要因」とは、個人のパーソナリティや認知傾向、知能、トラウマなどである。

臨床心理士は「心理学的要因」を明らかにすることにより、カウンセリングを通して問題の解決を図ることができる。

(社会学的要因とは?)

次に、「社会学的要因」とは、個人の職業や社会的階層、対人関係、社会的支援の有無などである。

臨床心理士は、「社会的要因」を明らかにすることで、臨床心理的地域援助の観点から、個人を支える社会環境へアプローチすることができる。

(臨床心理士は生物心理社会モデルを基本的な着眼点とした上でどうあるべき?)

そして、臨床心理士は、クライエントの不適応に対し治療仮説を立案し、治療計画を提案する場合、これら3つの要素を総合的に考慮する必要があり、これらすべての要因に対し、適切な支援を提供できるよう図らなければならない。

このように、臨床心理査定や見立てにおいて、臨床心理士がこれら3つの要素を総合的に考慮しながらクライエントの不適応の原因を多角的に捉に探ることで、クライエントにあったオーダーメイドの治療仮説や治療計画を構築することができるのである。

以上、この記事が私と同じように臨床心理指定大学院を目指していらっしゃる方と共有できましたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です